住友生命保険相互会社

RECRUITING SITE 本気になるから、心が動く

職員インタビュー

クロストーク

私のライフストーリー(ワーク・ライフ・バランス)

YOUNG JAPAN ACTION 浅田真央×住友生命 プロジェクトメンバーの声
「YOUNG JAPAN ACTION 浅田真央×住友生命」は、若者が考える社会的課題を解決する活動(アクション)の支援を行う社会貢献活動で、当社の若手職員で構成されたプロジェクトメンバーを中心に、浅田さんと一緒に企画から実現まで取り組んでいる、若手職員が活躍する住友生命ならではのプロジェクトです。2015年度にプロジェクトメンバーとして企画・運営に携わった職員の声をご紹介します。

プロジェクトについてはこちらもご覧ください

プロジェクトメンバーの声はこちら
スペシャルコンテンツ

TOPへ

閉じる

閉じる
井上 恵利香

プロジェクトに参加したのは・・・

保険金部 保険金室 井上 恵利香 (2015年入社)

YOUNG JAPAN ACTIONについては内定者の時に、CMで活動の存在を知りました。「おもしろそうな活動だな」と大変ワクワクしたのを覚えています。入社して、若手メンバーの公募があることを知り、「是非自分も若手メンバーとして参加したい」「活動を通じて同年代の方々がどのような想いをもって活動をしているのか見てみたい」「この活動に参加することで自分の物事の見方を広げたい」と思い応募しました。実際に若手メンバーになってみて、普段の業務では関わることのできない部署の方々と活動で関わることができ、自分の業務の知識も広がりました。また、様々な応募団体の活動に触れ、同世代の若者たちの、日本を応援する熱い想いや取組みを知り、刺激を受けました。今後も若手メンバーとして活動を盛り上げていきたいと思います!

王子田 達也

プロジェクトに参加したのは・・・

教育部 営業教育室 主任 王子田 達也 (2011年入社)

プロジェクトメンバーの一員として、普段はニュースでしか知らない社会問題を直接見聞きすることで、その深刻さと課題解決の難しさを実感しました。最初はその課題に立ち向かう若者たちを応援したいという気持ちでしたが、現地で共に活動し、団体の皆さんの熱意を知ることで、「もっと団体の役に立ちたい!」という想いが湧き上がり、積極的に行動することができました。イベント終了後の打ち上げで飲んだビールは、今までの人生で一番美味しかったです。今回の活動で、団体の皆さんの地元を愛する想いと夢の実現に向かって突き進むパワーを感じ、とても良い刺激を受けました。この貴重な経験を活かして、住友生命の若手代表として、引き続きアクションを盛り上げていけるよう頑張ります!!